menu
犬目幼稚園の
公式LINEです!
犬目公式LINE友達追加
犬目公式Instagram

入園案内

園児募集要項 令和3年度

本日(10月15日)より願書を配布しております。
残り4枠です。
以降はキャンセル待ちとなりますので、キャンセル待ちをご希望の方は、園までご連絡下さい。
(10:00~16:00 TEL:042-625-3298042-625-3298

入園説明会

令和2年11月18日(水)、20日(金)
開門 10:00
開始 10:20~11:50
場所 犬目幼稚園ホール
持ち物 下足袋・スリッパ・筆記用具

※2020年7月1日(水)よりお申込みを受け付けております。
※今年度はコロナ対策のため、説明会日程が2日間となっております。ご都合の良い日をお選びいただき、お申し込みください。
※園見学は随時行っておりますので、直接園までお問い合わせください。

(10:00~16:00 TEL:042-625-3298042-625-3298

スケジュール

入園願書・資料配布 令和2年10月15日(木)
※定員に達した際はキャンセル待ちとなります。
願書受付・面接・入園手続き・制服採寸 令和2年11月10日(火)

募集対象

3歳児
(3年保育)
平成29年4月2日生~平成30年4月1日
4歳児
(2年保育)
平成28年4月2日生~平成29年4月1日
5歳児
(1年保育)
平成27年4月2日生~平成28年4月1日

募集人数

対象クラス 人数
3歳児(3年保育) 55名
4歳児(2年保育) 0名
5歳児(1年保育) 0名

令和3年度諸経費

入園までにかかる費用

願書受付料金
5,000円
入園準備費
3歳児 75,000円
4歳児 65,000円
5歳児
12月 保護者会・教材申し込み
制服・体操着・他 約65,000円
※幼少2歳児のみ教材申し込み・販売・教材渡し
2月 教材渡し

入園後にかかる費用

5月頃 入園後納入金
半袖ブラウス・夏帽子他 約9,000円
水着・水泳帽他 男児 約2,000円
女児 約2,500円
入園後の月額
3歳児 0円(25,700円 無償化)
4歳児
5歳児
教育充実費 4,300円
施設維持費 1,000円
給食費 1食350円
※欠席の場合はキャンセルできます。
車両維持費 【1年を通してバスを利用する方】
 往復:5,500円/月
 片道:2,800円/月

【月単位でバスを利用する方】
 往復:7,000円/月
 片道:3,500円/月
その他の費用
行事などの集合写真・お泊り保育(年長)・卒園アルバム積立金(年長)を、随時ご案内の上、徴収させていただきます。

※原則として、保育料は入園時の保育料を卒園まで納入していただきます。
※原則として、上記以外に費用がかかる事はありません。

保育時間

月曜日 午前9:00~午後2:00(お弁当)
火木金曜日 午前9:00~午後2:00(給食)
水曜日 午前9:00~午後1:00(給食)
土曜日 毎週休園

※行事などの都合により変更になる場合があります。

延長保育

在園児の希望者を対象に、保育終了後~18時までお子様をお預かりしています。
詳細は延長保育のページをご覧ください。

制服・体操着・カバン見本

  • 制服・冬
  • 制服・夏
  • 体操着
  • カバン

入園をお考えの方へ Q&A

Q:係など保護者の役員はありますか?
A:園で強制している役員はありません。
保護者の皆様には各行事お手伝いではなく、ゆっくりとお子様の成長をご覧になって頂きたく思っています。
ですが、年少組の方のみ、おもちつき大会(例年12月)当日のお手伝いを各クラス4名ずつお願いしています。
4月の保護者会で希望される方にお願いをしていますが、有り難いことに希望者が多くジャンケンで決めさせて頂いております。

Q:オムツがまだとれていません。それでも入園は出来ますか?
A:出来ます。
入園時、各クラスに数名ずつトレーニング中のお子様がいます。
入園後、保護者の方と連携を取りながら、トレーニングを続けていき、7月までには例年、全員のお子様が外すことが出来る様になります。
ただ、オムツが取れていた方が子どもの自由度が高まります。

Q:クラス替えはありますか?
A:進級ごとにクラスが変わります。
年少、年中児は月齢で人数が各クラス平均的になるように編成し、年長時には、就学先が同じお子様が同クラスになるよう編成しています。

Q:集団生活についていけるか心配です。
A:自我がまだ芽生えたばかりのこの時期は、個人的な興味が先行しますので、「集団」に対する理解は困難です。
無理にその意識を持たせようとするのではなく、個人的な遊びの楽しさから徐々に集団での遊びの楽しさに移行してあげる様な声掛け、「ひとりで遊びより、お友だちと一緒の方が楽しい」と感じ始めてくれるような環境作りが大切です。
また、集団に入っていけるかどうか、いつ入れるかなどは、個人差によるものが大きいので、そのタイミングを待ってあげることが必要です。

トップ